地上デジタル放送について

地上デジタル放送について

地上デジタル放送とは

地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式と比べて、より高品質な(ゴーストや雑音のない)映像と音声を受信することができる新たな放送です。 現代の生活のなかで最も身近な「テレビ」もデジタル化によって、今までにない豊かで便利な新しい世界を実現します。

引用元:総務省 地上デジタル放送のご案内

総務省では理解を深める為に、わかりやすい動画サイトを用意しています。

なぜかわるの~やさしい体験ガイド

やさしい受信ガイド

地上デジタル放送は、日本だけでなく世界各国で移行が始まっています。
地デジ対応チューナーを搭載した 薄型テレビにエコポイントを付けて普及促進をしています。

なぜ変わるの?

今までのアナログ放送では、電波を無駄遣いしているんです。
テレビ放送も沢山のチャンネルがあった方がイイですよね?
また、携帯電話の電波の割り当ても少なくなっていて、このままでは、電波が足りなくなってしまうのです。
電波をアナログからデジタルに変える事によって、少しの周波数帯で多くの情報を発信できる様になります。

詳しくは、 なぜかわるの~やさしい体験ガイドが、動画でわかりやすいですね。

地上デジタル放送移行期間

地デジ完全移行まで、あと 日です!!

地上デジタルテレビ放送は2006年12月までに全国都道府県庁所在地で放送を開始されています。その後放送エリアを順次拡大し、2011年7月24日までに現行のアナログテレビ放送を終了します。

引用元:放送開始スケジュール

アメリカでは、2006年末に地デジ完全移行を予定していましたが、未だ完全移行はなされていません。
オバマ政権に変わり、さらに地デジ完全移行の予定がずれ込む事が確定しています。
日本に於いても、地デジへの移行が十分に進んでいる状況にはないのに強行するんでしょうかね?

地デジ対応チューナー

「テレビを買い換えて、まだ4~5年しかたってない」
「薄型テレビに買い換えたのに、地デジ対応じゃなかった」
「テレビや、HDレコーダー、VHSもまだ使いたい」

そんな時には、地デジチューナーの購入も一つの選択肢とあります。
地デジ完全以降の前後には、格安の地デジチューナーの販売が予想されますので、VHSだからといって
捨てる事は無いですよ。